FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
結論は出てるのだけれど
今日は、ちょっと愚痴っぽく聞こえる部分もあると思うので、折りたたむことにします。
他人の愚痴は聞きたくない、という方は、続きは見ないで下さいね。
読んでも気にしないという方は、続きをどうぞ。
(しかもめちゃくちゃ長いです、すみません;)
私は、結婚する時にお仕事を辞めましたが、それまではとある企業の研究開発を担当してました。

高校の時に化学が好きになってから、大学も化学系に進み、実験が楽しくて仕方なかったのと、研究開発職に就職したかったために、そのまま化学系の大学院に進学しました。
何社か受けて、念願の研究開発職としてその企業に採用され、退職するまでの6年間、研究開発職に携わりました。

仕事内容は詳しく書けませんが、中でも機器分析が大好きで(水質分析とかを主にやってました)、学会誌を読むのも楽しかったし、新しい機器を触るのも楽しかったし、最終的には環境計量士(濃度関係)の資格まで取りました。
しんどいこともたくさんあったけど、楽しいこともたくさんあるお仕事でした。

そんな仕事を、結婚を機に辞めたのは、旦那さまの仕事場と私の仕事場が大分離れていて、お互い通うのが辛くなりそうだったことと、私がラストの1年は部署が変更になり、精神的にキツかったことが原因です。

でも、退職を決めてからも、引越しをして入籍をしたらすぐに次の仕事を探すつもりだったし、むしろ大好きな分析が出来る仕事を探すんだーと、楽しみにしていました。

が、退職と引越し(2月中旬)を控えた1月の末に、突然、旦那さまが今のシフト勤務に変更になってしまいました。
(旦那さまの仕事場には、常時日勤(月曜~金曜)の人と、シフトの人がいます。付き合っていたときは、常時日勤だったんです)

旦那さまのシフト勤務は、日勤×2、夜勤×2、休み×2の6日周期のシフトです。
つまり曜日は関係なく、このシフトに従って(たまに変更はありますが)、お仕事があるわけです。

この状態で、私が仕事をしたらどうなるか。
夜勤勤務の日、最大2日半ぐらいは同じ家に住みながら全く顔を合わさず、お休みも2ヶ月に一度しか合わないということになります。

もちろん、そういう状態を余儀なくされ、それでうまくやっていらっしゃる方もいると思います。

でも、ようやく一緒に住めることになったのに、いきなりそんな生活時間がバラバラの生活は、私は選択できませんでした。
結果、そのまま専業主婦になり、今に至ります。

当時は、仕事も辞め、住む場所も変わり、生活環境が大きく変わったことから精神状態が悪くなったこともありましたが、旦那さまのおかげで、今ではそれは楽しく暮らしています。

でもやっぱり、分析の仕事のことは、頭から離れません。

将来のこともあるし、パートでも行こうかなーとは思うんですが、調べ始めるとやっぱり目が行くのは分析のお仕事。
分析機器に触りたい、ガラス器具を扱いたい、希釈操作をしたい・・・と、胸がきゅうっとなります。

私の母も、私たちが小学校に上がってからは、ずっと正社員で働いていたし、今でなくてもいつかは分析のお仕事が出来る日も来るだろうとは思うものの、やっぱり日進月歩の世の中。分析の技術も機械も、日々進化しているに違いありません。
それでなくても、離れているだけで勘は鈍るし、作業は遅くなるのに・・・と、焦る気持ちが出てきてしまいます。
そんなにしたければすればいい、とも思うんですが、やっぱり生活時間が違ってしまうのが分かっていて、その一歩が踏み出せなくて。

それに、もしお腹に赤ちゃんが出来たらなかなか出来る仕事でもありません。
使う機器の中にはX線を出すものや、発癌物質や環境ホルモンなどに指定されているような、身体には良くない薬品を使う作業だってあります。

旦那さまは、基本的にはお嫁さんには家にいて欲しい派ですが、やりたいことは止めない主義です。
私が仕事したいなーと言ったら、やってもいいよ、と言ってくれます。
それに1人暮らしの経験もあるので、私がご飯作れなくなっても、自分でお弁当やお惣菜を買ってきてご飯を済ませ、洗い物をし、洗濯をし、ちゃんと生活してくれます。
でも、ただでさえ夜勤勤務は激務で、身体もおかしくなりやすいのに、そんなことまでさせられません。

それに、せっかく二人で生活しているのに、ご飯も一緒に食べれない、同じ家に住んでるのに6日に2日は顔も合わせないような生活は、やっぱり容認出来ません。



結局、結論は出てるんです。
その容認できない生活を容認して、大好きな分析の仕事をするか。
分析の仕事を今は諦めて、現状の生活を維持するか。
どっちかしかないんです。
しかも、私は、何回考えても仕事を諦めるほうを選んでいるんです。

だから、これはタダの愚痴。

わかっているけれど、分析の仕事の紹介を見るたびに何だか悲しくなって泣けてくるのも本当だから、書いて吐き出したかったんです。


でも、旦那さまと結婚して、仕事を辞めたのに後悔はありません。
何度同じ選択肢があっても、たぶん、私は仕事を辞めたでしょう。
だから、後悔していません。

旦那さまだって、私と結婚したことで、出来なくなったこともあります。
でもきっと、後悔していません。

私は、今、幸せだと心底思うし、以前よりは今の生活のほうがずっとずっと楽しいです。



だから、これはタダの愚痴です。
長い長い愚痴になってしまいましたが^^;

ここまで読んでくれた方、長い愚痴に付き合わせてしまって、すみません。
なんだか、どうしても書きたくなってしまったので。
(旦那さまにはあんまり言えないですし)
今度はちゃんと、いつものようなほのぼのな日常を書きます。


まぁ、どうしても雰囲気を味わいたいなら、ガラス器具は個人でも買えるし、それで料理でもして楽しむことにします(笑)
スポンサーサイト
[2011/07/30 22:33 ] | つぶやき | コメント(1) | トラックバック(0)
<<私のまわりの天然な人 | ホーム | 目が合った?>>
コメント


このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/07/31 20:24] | | # [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://cam13790.blog.fc2.com/tb.php/31-5284227d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。